Ara不動産投資研究とは

Ara不動産投資研究には3つのメッセージがあります。

     
  • 不動産購入を考えている人をサポートしたい
  •  
  • 不動産売却を考えている人をサポートしたい
  •  
  • 不動産運用にお困りの人をサポートしたい

 

Ara不動産投資研究は一言でいえば、「お客様と不動産をつなぐ架け橋」の役割です。
不動産投資を考えているが、どこの不動産会社に問い合わせすればいいのか悩んでいる人。
不動産売却を考えているが、本当に売れるのか不安が大きい人。
そして、不動産の運用に困っている人。
すべての悩んでいる人、不安が大きい人、困っている人のサポートをさせていただきます。

そのような方は当社にお問い合わせください。
最適なご提案をさせていただきます。もちろん費用はいただきません。

 

不動産投資のメリット

不動産投資のメリットは、老後の年金代わり、節税効果、
生命保険効果、そして不動産という資産形成です。

     
  • 老後の年金代わり

私たちが将来受け取る年金の削減が予想されています。
不動産投資はお客様がオーナーとなり物件を賃貸し、家賃として対価を受け取ります。
その対価が年金代わりとなります。

     
  • 節税効果

不動産購入初年度は大きな節税効果が見込めます。
不動産取得税や諸費用等、経費として計上が可能となります。
またその後も、不動産運用に掛った経費も計上が可能となります。

     
  • 生命保険効果

不動産を銀行系のローンで購入する場合、
必ず団体信用生命保険に加入が条件とされています。
借入が残った状態で契約者が亡くなったとしても、
保険金で補てんされるので遺族は不動産という遺産が相続されます。

 

  • 不動産という資産形成

不動産の価値は、例えば車のようにすぐには落ちません。
景気に左右される傾向になります。
ローンで購入している場合、借入金利にもよりますが、ローンの残債が減るほうが早いケースが多いです。
不動産の資産価値が減るより、ローンの残債が減るほうが早いということです。
さらに毎月家賃が振り込まれますので、その家賃でローンを支払うことが可能となります。
毎月毎月、賃貸している人がローンを支払っているといっても過言ではありません。
この事から、不動産投資は長く持っていたほうが、売却益をより大きくしやすくなると言えます。